早く健やかになるために癒しを多く取り入れた設計のクリニック

正しく管理して涼しく使う

作業員

暑さが続く季節に手放せない設備としてエアコンや冷蔵庫があります。屋外で作業をする場合以外はほとんどのオフィスや工場に用意されているものですが、近年温暖化の原因が二酸化炭素やオゾン層に穴を空けるフロンだと分かり、世界的に規制が行なわれています。そのため日本などの先進国の企業では特に国や自治体が定めた基準値以内を守らないといけません。企業の取り組みとして環境問題を積極的に考えエネルギー削減を図っているところも増えてきましたが、経済活動を第一優先にしているところは依然少なくならないためなるべく負荷が掛からない物質の開発も急がれています。温暖化が進み大気の平均気温が上がると、それに比例して冷房機器を使用することが確実に多くなります。その際、冷房機器で冷媒として使われるフロンにはオゾン層を破壊し、温暖化につながることが分かっているので、略称フロン排出規制法が制定されました。そこで冷房機器は第一種特定製品と定められました。つまり第一種特定製品である冷房機器を使用している企業は機器を点検して排出値を管理しなければいけないということです。しかし専門的な知識や技術が少なく点検と管理が難しい企業もあるでしょう。そんなときに役立つのが第一種特定製品の点検と管理を行なってくれる業者です。第一種特定製品である機器にフロン漏れがある場合の対処や修理を行なってくれるところもあるので頼りになります。業者はインターネットなどで探すこともできるので、第一種特定製品について気になることがある場合は探してみましょう。