早く健やかになるために癒しを多く取り入れた設計のクリニック

テナントを綺麗な状態へ

部屋

借りていたテナントなどの物件を離れるときにしなければならないこととして、現状回復というものがあります。契約時の取り決めでテナント利用者は退去時に原則として現状回復をしなければならないことが多いでしょう。そのため入居時の状態に戻す必要が出てきます。現状回復には主に内装解体工事とスケルトン工事、廃棄粒処理などの工事が行なわれます。また実際の工事のときに解体の範囲や廃棄方法、修繕工事の方法も賃主賀側と相談しながら現地調査に基づいて行なわれるため費用が結構掛かります。そこで活用したいのが現状回復を専門にしている業者への相談と見積もり依頼です。
現状回復には主な流れや種類があるのでいくつか紹介します。違いを知っておくと選ぶときや相談するときの参考にできるでしょう。現状回復工事とは、店舗の場合看板などの建物付帯物や設備の除去をはじめ壁や天井の改繕工事を行なうものです。内装解体工事とは現状回復を行なう際に不要な諸造物の解体除去をすることで、解体業者に依頼したりします。それに加えてさらに配線や給排水管、廃棄設備なども入居時の状態に戻すことをスケルトン仕上げと言います。この場合店舗だとコンクリートの打ちっぱなし状態になることが多いです。その後に行なわれるのが廃棄物処理です。解体工事に発生した廃材などを適切に処分しなければならないので廃棄物処理業者に依頼します。このときしっかりした業者を選ばないと不法投棄される恐れがあります。これらの工事を一括で行なってくれる専門の業者を利用するととても便利です。